人と違う自分をアピール出来る事が大事

尖ったアピールでも良いかもしれない

就職活動で勝ち抜くにはどうしたら良いかと言うと、
他の応募者とは違う部分、自分はこう言う人間ですとか、
こういう事をして来ましたって言うようなアピールが出来るような事を持つって言うのが大事かなって思います。

例えば学生時代ずっと部活に打ち込んできましたとか、
こうこうこういう事で賞を取った事がありますとか、
この分野の知識では誰にも負けませんみたいなね。

自分の良さを知って貰えるような何かがあると言うのは大きな武器になるんじゃないかなって思います。

私は比較的そういうのが何も無い人間でしたのでね、
就職活動ではかなり苦労した思い出があるんです。

これと言った自分のアピール出来る長所みたいな所が無いわけですからね。
就職活動を始めたばかりの頃はなかなか自分らしさって言うのを面接時に出すのが苦手だったりしました。

ですので趣味とか特技を聞かれた時にですね、
思い切って「プラモデル製作には自信がある」みたいな事を言ってみたんです。

そしたら面接官の人達が「ほう」みたいな感じで意外と感心を示しましたので、
子供の頃からいろんなプラモデルを作ってきた事、今でも作っている事、
その技術では誰にも負ける気は無いみたいな事を言ってたら、
みんなうんうんうなずいて聞いてくれましてね。

その企業はメーカーでしたので物作りの会社な訳ですからね。
プラモデル製作とかも物作りな訳ですから、
そういうプラモデル製作好きの人間に興味を示してくれたんじゃないかなって思います。

人とは違う何かを探そう

そのメーカーからはその面接のおかげもあって内定を貰う事ができましたのでね、
やはりこう自分が自信を持って人に言える事、
この事では人に絶対負けないって言うような事を持つのは、就職に非常に有利に働くと思いますよ。

面接も一日に何人も見るわけですし、
全応募者となると相当の人数が居ると思いますので、
その中で採用されるとなると、何かこう印象に残っている人で無いと選ばれないと思いますからね。

面接の時に自分をアピール出来るような事を身に付けておくのが良いと思います。

まったくもって何にも無いって人は、
今からそれを始めるって言うのでも良いんじゃないかなって思います。

最近これこれを始めました、みたいな感じでね、
これから先その技術を磨いてうんぬんとかでも良いような気がしますので、
人と違う何かを身に付けるって言うのは就職試験を勝ち抜くには重要な事になってくるんじゃないかなって思います。

就職活動をしていると自分に自信を失いがちになりますからね。

特に今は就職難と言われる時代ですからね、
不採用が続くって事も珍しくないですからね。

自分はもう採用されないんじゃないかなとか思ってしまいがちですから、
「自分には人は違うこういう部分があるんだから、きっと採用されるさ!」
って思えるような特技とかを身に付けておくと良いんじゃないかなって。

そうすればきっといつかね、その個性に注目して、採用してくれる企業が表れると思いますよ。