面接における「趣味は何ですか?」の質問について

趣味の話は難問

就職活動で大変だった事は、「趣味は何ですか?」って聞かれるのがちょっと嫌でしてね、
私にとって難関の質問でした。趣味は何ですかと聞かれましてもね、
私は別に趣味とかもありませんし、「趣味はありません」とも言えませんしね。

無難に「読書です」みたいな事を言うと、「ふーん」みたいな感じになりますし、
何て言えば良いのかなってけっこう困ったりしていました。

それでその時その時でけっこう適当に答えたりしていたんですけど、
その趣味で面接官が「!」ってなったら突っ込んで来ますからね。

例えば「趣味は魚釣りです」とか答えたら、面接官の人が釣り好きだったりしてね、
「ほう、どんな魚を釣るのかね」みたいに聞いてきて、「チヌです」みたいに適当に答えたら、
「ほう、チヌとは渋いね、どんな仕掛けを使ってるのかね」とか聞かれたりしてね、
「えっと、普通のです。実はまだそんなに詳しくアハアハハ」みたいになる時があるので、
突っ込んだら答えられない事は趣味として答えない方が良いと思います。

「趣味は散歩です」みたいな事の方が良いんじゃないかなって、
どう突っ込まれても答えられるようなね、やはりそういう感じの事を趣味として言うのが良いでしょう。

でもまぁ大体の人が趣味を持っていると思いますから、
全くの無趣味なのは私みたいなレアな人間だけだと思いますので、
「無趣味です!」って自信を持って答えても良いかも知れないなって、
そう答えれば「こいつは意外と大物かも知れんぞ」って思われるかも知れませんから、
一か八かでそう答えるのも良いと思います。

印象の良い趣味を無理のない範囲で覚える

基本的に嘘を言うのは良くないですからね、
私みたいにその場をごまかそうとするのは良く無いなって。

まぁでもそのくらいは面接試験対策として許される嘘と言うか処世術のような気もしますけど、
でも自信を持って答える事が出来ないですからちょっとオドオドすると思いますし、
ほんとはそんなに趣味じゃないのに趣味です!
って堂々と答える事が出来る人間も何かおかしい人間のようにも思えますからね。

やはり趣味を聞かれて趣味が無い場合は当たり障りの無いようにその質問をこなすくらいで良いですね。

もしくは面接対策としてね、本当に何か趣味を始めると言うのも良いでしょう。
例えば将棋を始めたとして、「最近将棋を始めまして、すっかりはまってしまいました」
みたいな感じで言えばね、
初心者程度の知識か、中級者程度の知識があれば、始めたばかりなのにけっこう知ってるね、
みたいな感じで好印象になるかも知れません。

そのくらいの知識でしたら一週間くらいで詰めこむことが出来ると思いますし、
自分が趣味として始めようと思って一生懸命になればね、
無理なく自然に覚える事が出来るんじゃないかなって思います。

就職活動における面接試験では、「趣味は何ですか?」って質問はけっこう聞かれますので、
この質問にはきちんと印象良く答えられるようにしておいた方が良いです。